貧血症の改善とともに肥満症になりました

今はお腹いっぱいまで食べなくなった

肥満症の食事

最初は貧血症の副作用だった | 若いときは体重の増減を繰り返してた | 今はお腹いっぱいまで食べなくなった

その後、そのままの状態を維持し続け、なんとか人並みに結婚することもでき、また子供にも恵まれました。
現状はけっしてスリムであるとかスタイルが良いというわけではないのですが、さりとて肥満というほどでもない「ややデブ」という感じで落ち着いています。

【6/28W56.0kgBFP26.4%】
18:20 カーブス

健康診断の中性脂肪低値が気になる。こんな感じの食事(1400kcal前後)で、運動前はCLA、BCAA、Lカルニチン、カフェイン摂って、毎日クリルオイル、マルチビタミン摂って、カーブス4回/週、全身筋トレ1~2回/週で栄養不足になりますか?#石本哲郎とダイエット

— いりたまご🍳@現在-20kg (@nQR41LdTu6IVEaU) 2018年6月28日
相変わらず慢性的な運動不足ではありますが、それでも家の回りを15分程度散歩のようなウォーキングをしたり、ショッピングセンターでもエレベーターを使わずになるべく階段を使うようにしたりと、少しでも体を動かすようにはしています。
食事も、野菜を多くとるようにして、糖質よりはタンパク質をとるように心がけています。
噛む回数も増やそうとしていますが、これはなかなかうまくいきません。
最近は寄る年波のせいか、若いころに比べて食べることができず、食事の量もどんどん減ってきているので、それが自然なダイエットになっており、健康的な体質に改善できているのかな、という気もしています。
若いころのように、とにかくお腹いっぱいまで食べる、ということがなくなってきています。